薄毛対策に有効な方法とは?原因別に対処法をご紹介いたします

薄毛対策に有効な方法@原因別に対処法を明記!

薄毛の原因は様々

年齢が進むにつれて、悩みの種となってくるもののひとつに、薄毛があります。

特に、中年の男性の方の頭のてっぺんが、薄くなってしまっているというような状況には
街でもよく出くわしてしまうことでしょう。

O字ハゲ

但し、薄毛は、何も中年男性だけに起こるものではありません。若者や女性でも、薄毛に悩まされているパターンは多くあります。性別や年齢に関わることなく、将来薄毛になりたくないと思っている人にとっては平等に、薄毛対策が必要になってくるのです。

薄毛になってしまう原因は、多く言われているものがストレスでしょう。ストレスで白髪になったり、禿が目立つようになるということはよく聞かれます。

つまり、ストレス社会に生きていて、ストレスの全くない生活は恐らく不可能でしょうから、薄毛のリスクは誰もが持っているものと言い換えることもできるのです。

薄毛対策は誰もが行うべき習慣と言っても過言ではないでしょう。ひとつしかない自分の身体、その一部である髪の毛や頭皮を、大切に考え、毎日しっかりとケアして薄毛対策に努めることは、ごく自然な行動ではないでしょうか。

また、薄毛の原因はストレスだけではありません。これから見ていきますが、様々な要因が重なって薄毛になってしまいます。薄毛の原因を知ることは、薄毛対策にも非常に役立ちます。

ストレスは薄毛の原因

髪の毛は、放っておいても自然に抜けてしまうものだということはご存知でしょう。具体的な数字を挙げますと、人間の髪の毛は1日に100本ほども抜けてしまうと言われています。これは、髪の毛の寿命やヘアサイクルにも関わる問題ですので、しっかり後述するようにします。

ここでは、髪の毛や薄毛対策についての正しい知識を共有し、今からでも具体的に行動できる薄毛対策について意識して記述していきます。

こちらをご覧になった皆様が、豊かな髪の毛ライフを送れるよう願っています。食生活や、日々のライフスタイルを見直すだけで、髪の毛にとってはよりよい環境を作ることができるのです。また、これらを勉強することによって、髪の毛だけではなく、身体全体の健康についても同時に考えることができるでしょう。

薄毛対策とは?

髪の毛は頭皮を覆っているものですが、その量が少ないと、薄毛ということになります。
また、部分的に髪質が弱くなり、地肌が見えてしまうような状態のことも、薄毛と呼んでいます。

有効な薄毛対策

薄毛には色々な原因があると考えられています。例えば、先天的な病気が原因となっているもの、親からの遺伝が原因となっているもの、日頃の生活習慣や暮らしの環境によって引き起こされるものなど、様々です。

ここでは、そのように薄毛に悩んでいる人が、正しい薄毛対策を行い、よりよい暮らしを送っていける知識や情報を共有できたらと思っています。

薄毛対策には、薄毛そのものを隠す方法があります。最も簡単な方法が、帽子を被ることです。
夏の暑ささえ乗り越えれば、誰にでもできる最もポピュラーな薄毛対策と言えるでしょう。しかし、隠すことでは、根本的な解決にはなりません。薄毛の箇所に髪の毛を増やしてしまおうという考え方もあります。

それらを、植毛や増毛などと呼んでいます。増毛と植毛はよく混同してしまいがちですが、植毛は、頭皮に人工の髪の毛を植え付けるものです。対して増毛は、もとの髪の毛に人工の髪の毛を装着して増やすというものになります。

薄毛対策には、このように色々な方法があるわけですが、いずれにもメリットとデメリットがあるのです。また、ご自身の環境や立場によって、行うべき薄毛対策も変わってきます。薄毛に悩んでいる人は、薄毛の原因が何かを突き止め、自分に合った薄毛対策を行うようにしましょう。

レーザー脱毛だと効果が高いので回数が少なくて済みます

男性の対策

薄毛は男性特有のもの、とまでは言わずとも、女性よりは男性の薄毛が多いと思われている方も多いことでしょう。

実際、街を歩いていても、女性の薄毛より、男性の薄毛のほうが目立つように感じます。但しそれは、薄毛をあまり隠さない人が男性に多いというだけかも知れません。薄毛で悩んでいる人は、男性にも女性にも多くいるのです。

男性はAGAが殆ど

さて、男性の薄毛として最も多いのが、AGAと呼ばれる症状です。AGAは、男性型脱毛症と言って、男性特有の症状ではありますが、主に、男性ホルモンがその原因となっています。
髪の毛の成長に欠かせないヘアサイクルをジャマするようなホルモンが、AGAにはよく見られています。ヘアサイクルがうまくいかなくなると、太くて丈夫な髪の毛が育たなくなり、細くて弱い髪の毛が生まれてしまうというわけです。

AGAは男性ホルモンが原因だから仕方がないと諦めてしまうのは早計でしょう。

頭皮に毛包が残っているならば、濃くて丈夫な髪の毛を生やすことができる可能性があるのです。現在進行形で薄毛やAGAに悩んでいる人でも、正しい薄毛対策をしっかりと行えば、よい方向に向かっていくことは充分可能です。

また、薄毛を治療するという観点から、よい医療機関を選ぶことも大切になってくるでしょう。

薄毛は遺伝するものだから、自分も将来薄毛になるかも知れないと悩んでいる男性も多いと聞きます。

AGAの危険性があるのかどうか、遺伝子検査で確認することも可能なのです。検査キットを手に入れて、粘膜を採取して調べてもらうのです。もちろん、不安を煽るための検査ではありません。早期発見、早期治療のための手段と考えましょう。

女性の対策

女性の薄毛についても考えていきましょう。
男性の薄毛やAGAが男性ホルモンに深く関わっているというお話はしました。

女性は、女性ホルモンが大きく関わっている可能性があるのです。女性ホルモンがバランスを崩すときと言えば、出産や閉経が大きいところでしょう。ホルモンバランスが変化することで、ヘアサイクルも変化します。出産後に、髪の毛が抜けて困ったことがあるという人は、女性ホルモンのバランスが崩れたせいだと考えましょう。

女性はホルモンバランスに気をつける

出産後の脱毛は、身体の機能が正常に戻ろうとしている際の信号だとも言われています。この場合は薄毛対策をしなくてもよいでしょう。

しかし、出産や、その後の育児のストレスなどが原因で、薄毛になってしまうこともあるようです。その場合は、徐々に髪の毛に栄養が行き渡らなくなり、抜け毛が目立ってきたりしますので、薄毛対策をしなければならないことでしょう。

女性ホルモンのバランスを整えることを意識して、食事や運動など、できることを進めていきましょう。また、女性向けのシャンプーや育毛剤も販売されていますので、血行をよくするために利用してみてもよいでしょう。

また、ホルモン療法という治療を選ぶ女性の方もいます。薄毛が大変なストレスになって、暮らしが苦痛という人はホルモン療法を選択してみるのもよいでしょう。

但し、しみやそばかすが増えたり、乳がんのリスクが高まるというような報告もありますので、正しい判断をしなければならないことでもあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ